15周年イベントのご案内 訳あり/アウトレット

ー北欧家具/北欧ヴィンテージ家具 カリモク60 ー  家具修理工房併設のコンフォートマート

Comfort Mart 15th Annivesary Event

コンフォートマートは皆様のおかげでこの小さな街で15年を迎えることができました。大きなことはできていませんが、皆様の生活の中にある多くの幸せのほんの一部にだけですが、携わることができ私たちは毎日とっても幸せです。ほんとにありがとうございます!

さて15年前にコンフォートマートを始めさせて頂いた時に比べ、情報の量が圧倒的に増え、そしてその増えた情報の新旧の入れ替わりのタイミングが早くなり、そしてそれを受け取り、そして発信する方法が格段に増えました。アメリカの元副大統領アル・ゴアが彼の環境啓蒙活動が評価されノーベル平和賞を取ったのが2007年。その辺りから日本でも環境問題に関する関心が高まり、経済活動に対する持続性関連の評価が売り上げに影響を及ぼす等、以前には考えられなかった経済活動に対する評価基準ができ、それが一気にものすごいスピードで広がる等、お店を始めた頃には考えも及ばなかったことまでキッチリと考えながらお仕事を進めていかないと、次の15年のハードルは相当厳しいなと、15周年を迎えたからといってまったく安心しておりません。

安心はしていられないのですが、お店でがんばっている人は昔も今もずっと同じで、できることに限りがありますし、また新しいことを学んでいこうとしても皆、だんだん歳を取り、頭が硬くなり、できる範囲に限りが出てきているのではないかと思っています。それは仕方のないことで、だから新しい人をお店に向かい入れ、新旧更新を計っていこうと思いますが、それも皆さんご存知の通り、どこも人手不足で、またその影響はこのお店にも同じだけ影響を及ぼしています。

いつも「僕たちができることって何だろう」って自問自答しています。いつも行き着く答えは「変わらなこと」。15年も経つと、以前販売した家具が戻って来ることがあります。「壊れました。修理はできますか?」です。とても嬉しいんですね。「大切に使って頂きありがとうございます!そしてまた直して使って頂けるんですね!」って。直すのに費用はかかります。ですが、「それでもなお、引き続き使いたい」と思う家具なんです。コンフォートマートを始めた時に思った事です。「ずっと使える家具をお届けしたい」。自分で言い出した事なのですが、15年経った今、その意味の重さをどっしりと感じています。言い出すのは簡単なのですが、その答えが正しいかそうでないか、やっぱりずっと続けないと分かりません。言い出した事は正解で、ずっと守ってきてよかったと感じています。ずっとやっててほんとによかったと思います。

ずっと昔からある家具を販売したり、ずっと昔からある家具ブランドをご紹介したり、お持ち込みの家具を修理したり、北欧からのヴィンテージ家具を修理/修復して販売したり、こういったこと、新しいものを作り出したり、そして新しい方法を編みだしたりするセクターからすると、自己表現に欠け、目立たなく、地味な感じがします。日本の高度成長期に作られた橋が壊れてきたり、そして学校の壁が落ちてきたり、日本の中にはもう直さなければならないところが随分沢山あります。でも、またまだ新しいものを作り出すことに対する予算の方が膨大で、「直し」に当てる予算が十分付けられていません。そんな現状って、実は家具も同じで、作り出したいと思う人は毎年沢山生まれるのですが、その生み出した家具を直し、そして使い続けてもらうことに時間のほとんどを費やす人は実はほとんどいません。新しいものを作り出すセクターの人からすると私たちのやっていることはほんと地味なのです。でも、以外とそんな地味なことが好きでずっとやってます。新ものをお届けした時よりも、実は直した家具をお届けした時に見るお客様の笑顔が100倍素敵なことって沢山あります。あの笑顔を見たらもう止めれない。「頼られてる」っていう使命感は僕らの生きる糧にもなっています。

だからもうそろそろ、「どんどん勉強して新しいことに挑戦していきます」というより、大きな声で「これしかできなんです!」って自信を持って言って行ってもいいのかもしれなと思っています、15年経って。その「こしれかできないんです!」っていうことは「変わらない物」だったり「変わらない価値観」だったり「変わらない感情」だったりを提供していく「変わらないこと」に執着することなんだと思っています。時代は変わります、それに伴い学校教育も変わります。そうすると社会が少しつづ変化していきます。変わらないことに安堵しつつも、一歩外に出れば新しい社会の中で生活をし続けなくてはならない事実は、私たちが「変わらないこと」を提供し続けたとしても変わりません。だからといって、「変わらなこと」をこのお店は絶対にに諦めません。時代が変わっても、「変わらないこと」ってなんだろうってずっと考え続けます。そして実践していきます。時代によってその表現方法は変わっても実践し続けます。こんなことなら、頭が硬くなった僕らでもできそうな気がしています。そして、以外とそんなことを期待してもらっているような気がするんです。「この家具直してもらえませんか?」って聞いたりすると。これからも期待に添えるように精一杯の努力で報いたいと思っています。今度共よろしくお願い申し上げます。

私たちが今できるの精一杯の「変わらないこと」をこの15周年を機に様々なイベントで皆様と共有してみたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

変わらないこと1:コンフォートマートオリジナルKチェア1シーター「キャバレー001」発売開始:販売開始時期 8月下旬〜9月上旬

1960年代カリモクカタログから
1960年代カリモクカタログから

Kチェア1シーター「キャバレー001」張地
Kチェア1シーター「キャバレー001」張地

Kチェア1シーター「キャバレー001」木部
Kチェア1シーター「キャバレー001」木部

カリモク60Kチェアの原型「#1100」の販売が開始されたのが1965年(昭和40年)、今から53年前です。コンフォートマートがあるこの街、桑名市は日本の高度成長と一緒に発展して行きました。あの頃この街の誰しもが明るい未来の日本の姿、そして世界の姿を信じていました。現在に到るまで、この街に住んでいる人達は時代の流れと共に様々な流行り廃りを経験し、様々なライフスタイルを過ごしてきました。また住環境や社会環境もどんどん変わり、街はKチェアが発売された53年前とは大きく様変わりしました。

ですが、そんな変化の中でもKチェアは変わりませんでした。どんなに社会が変わろうと、どんなに人のライスタイルが変わろうと、Kチェアは使っている人とずっと一緒に暮らしてきました。

そしてこれからもKチェアは使う人とずっと一緒です。

桑名市にある60年代からある小さな繁華街「銀座通」。この変わらない銀座通りで、60年代にどこかのお店で使われていてもおかしくないと思えるKチェア。そんなKチェアが作れないかとカリモクに相談を持ちかけました。そこで紹介されたのがこの「コーデ」という生地。岐阜の小さな生地会社が作っている最高のモケット生地。毛足が長く、指で絵が描けます。私たちがイメージする60年代の生地にぴったりでした。

そしてネーミング「キャバレー001」。60年代の銀座通りにあったであろう「キャバレー」(今はありません)。お店の形態は変われど、いまだにキャバレーという形態のお店はずっとあり続けます。ずっとあり続ける、変わらないものという意味で「キャバレー」というネーミングにしました。

使う人とずっと一緒の時を過ごしてきたKチェア。これからもそうあって欲しいという願いを込めて、特別なKチェアを数量限定(15台)でご提供致します。販売開始時期は8月下旬から9月上旬、1人掛けのみ。価格:税別55,200円。店頭での販売開始と同時にHPでも販売を開始致します。ご期待下さいませ。ご予約承ります。

変わらないこと2:自らの手でロングライフデザインの最終仕上げを ワークショップ日:7月28日(土)

このキノコ型のスツールはデンマークの有名女性デザイナーNanna Ditzel(ナナ・ディッツェル)が子供用にと1962年にデザインしたものです。現在はデンマークの「Snedkergaarden」(スネカルガールデン)がデンマーク国内で製作しています。

Nanna Ditzelが自身の双子の子供を見て思ったのが、「子供が3分とスツールに座ることはない。立ったり、座ったり、またスツールを転がしたり、スツールの上に立ったり。そんな遊ばれるスツールは子供が成長してから、子供の大切な宝物になっていくだろう」でした。そして、そんな宝物になるようデザインしたのがこの「trissen」(トリッセン)です。

ミシンで糸を巻き付けるボビンに似ていることからボビンスツールとも呼ばれます。 もともとは子供用のスツールとしてデザインされたものですが、そのコンパクトなサイズと使い勝手の良い形状からサイドテーブルとしても使えますし、転がして遊ぶおもちゃにもなります。

このスツール「トリッセン」を一緒にお手入れしませんか。

デンマークから無塗装の状態で仕入れてあります。コンフォートマート家具修理修復工房で素地調整(研磨)して、お好きな仕上げでお持ち帰り下さい。

オイル仕上オイル仕上

ソープ仕上ソープ仕上

通常価格税込48,600円ですが、ワークショップ参加の場合は税込25,000円とさせて頂きます(当日現金のみでお支払)。限定数は「3」です。参加の皆様は当日、お家でお使いの家具(オイル仕上げかソープ仕上げのもの)をお持ち頂き、工房内で仕上げ直しをして頂くことも大歓迎です(是非そうして下さい!)。仕上げの仕方は、私達が丁寧にお教え致します。必要時間は説明も入れまして1時間から2時間程度を予定しております。

募集要項

実施日7月28日(土)
開始時間午後2時(駐車は第二駐車場をご案内致します)
実施場所コンフォートマート敷地内家具修理修復工房
予定終了時刻午後4時
限定数3(1グループで1つまで。参加希望が1グループでも開催致します。)
*予約が埋まり次第、募集終了となります(告知致します)。
*ご家族、カップルでご参加頂いても構いません。
費用税込25,000円(当日現金にてお支払い下さいませ)
参加方法メール(question@comfort-mart.com)にて、お名前、お電話番号、ご来店人数をお知らせ下さい。
折り返しご返信をさせて頂きます。メールの着信順となりますので、予めご了承下さいませ。
その他ご参加確定後のキャンセルは不可となりますので予めご了承下さいませ。

変わらないこと3:普遍的なデザインをご家庭に ワークショップ日:8月11日(土)

デンマークの知人友人のお宅にお邪魔すると必ずあるスツールがあります。新品のものもあれば、ずっと使われ相当年季が入ったものまであります。「これってどこのメーカーのものなの?」って尋ねても「知らない」「ずっとあるから気にもとめていない」とかの答えでまったく分かりませんでした。

なんとなくこの普遍的なデザインが好きで、機会がある度にちょっとずつ探していました。そしたら、ある時国内のインテリア商社から同じものが発売されていることを知り、調べたら、デンマークによくある雑貨チェーン店で売られていることを突き止めました。買い付けの合間を見つけてそのチェーン店に寄ってみました。そしたら、そう見つけました。今までお邪魔した多くのデンマークの家庭に普通に補助椅子として、踏み台として、そして花瓶等を置くサイドテーブルとして、使われていたスツール。名もない普遍的な型で、ずーと昔から誰かが作り続けているものです。

こんなずっと変わらない普遍的な北欧スツールを一緒にお手入れをして手に入れてみませんか?

サイズ:W320×D320×H470mm (座面径:φ315mm)
材:ビーチ材(ブナ材)

日本では税込19,440円で販売されているものを、ワークショップにご参加頂いた皆さまには税込12,000円でお渡し致します。限定数は「4」です(予約終了となりました。ありがとうございました!)。作業はとっても簡単です。無塗装の状態で買い付けてありますので、コンフォートマート家具理修復素工房で素地調整(研磨)、その後すぐにオイル仕上げ、或いはソープ仕上げをして頂くたけです(作業方法は丁寧にお教え致します)。作業は1時間から2時間を予定しています。参加の皆様は当日、お家でお使いの家具(オイル仕上げかソープ仕上げのもの)をお持ち頂き、工房内で仕上げ直しをして頂くことも大歓迎です(是非そうして下さい!)。脚カットが必要な場合は、私どもが無料でカットさせて頂きます。

募集要項

実施日8月11日(土)
開始時間午後2時(駐車は第二駐車場をご案内致します)
実施場所コンフォートマート敷地内家具修理修復工房
予定終了時刻午後4時
限定数4(予約終了となりました。ありがとうございました!)(1グループで1つまで。参加希望が1グループでも開催致します。)
*予約が埋まり次第、募集終了となります(告知致します)。
*ご家族、カップルでご参加頂いても構いません。
費用税込12,000円(当日現金にてお支払い下さいませ)
参加方法メール(question@comfort-mart.com)にて、お名前、お電話番号、ご来店人数をお知らせ下さい。折り返しご返信をさせて頂きます。メールの着信順となりますので、予めご了承下さいませ。
その他ご参加確定後のキャンセルは不可となりますので予めご了承下さいませ。

変わらないこと4:「北欧をきままに語り合う会」開催 開催日:9月7日(金)

インスタやFacebook等、その他のツールも含め、SNSで普段のこと、そして特別なことを共有することが普通の時代となりました。私達が普段皆様にご紹介している家具や雑貨は古くから作られているものだったり、古くからデンマークにあるブランドだったりと、起源が1940年代から1960年代前半くらいまで遡るものばかりです。当然そんな時代のコミュニケーションツールの中心にあったのは「口伝え」です。SNSがない時代です。行った場所で撮った写真だったり、あるいはお土産だったりを手に「こうだったんだよ〜」って伝えていました。ちょっとそんな時代に戻りたいと思います。

これまでに北欧に行ったことにある方、そしてこれから北欧に行こうと思ってい方、是非集まって下さい!

北欧に行ったことのある方は、その時の思い出を写真か、その時のお土産と一緒にお話下さい。そしてこれから北欧に行こうと思っている方はどんなところに行きたいのか教えて下さい。またこれまで行ったことのある方から「あそこいいよ〜」とか逆に「あそこは行かない方がいいよ〜」的なことを行ったことのある方から是非聞いて下さい。

8月の下旬にスタッフがデンマーク/スウェーデンに買い付けに参ります。ご参加頂いた方にはリアルなお土産をお持ち帰り頂きます。

料理

桑名駅からすぐの駅ビル「サンファーレ」の2階にある「nanairo coffee」さんと協力してデンマーク料理を皆さまに食して頂こうかと思っています。デンマークの伝統料理、オープンサイドの「Smørrebrød」(スモーブロー)、そして起源はドイツなのですが、デンマークやスウェーデンでよく食べられるハンバーグの起源と言われている「Frikadelle」(フリカデル)を中心に、飲み物やお菓子まで、全てデンマークやスウェーデンのものでおもてなし致します。

当日使用する食器や家具はすべて北欧のもの(ヴィンテージが中心)に致します。また、途中、デンマークからのデンマーク人からの中継(Skype or Facetime)で「デンマークの生活」について少し話してもらうことになっています。リアルなデンマークへの質問があれば、是非ぶつけて見て下さい(日本語での質問でも店長が通訳しますので安心して下さい!)。

コンフォートマートの店長、そしてスタッフが当日の進行をしますので、気負うことなく気軽にご参加下さい。

募集要項

実施日9月7日(金)
開始時間午後7時30分から午後9時頃まで
実施場所桑名駅サンファーレ北館 2F「nanairo coffee
募集人数12名から15名
*会場のスペースの関係で、参加される方の構成を考えご参加頂ける人数を臨機応変に調整 致します。 予めご了承下さいませ。
*ご家族でお子様と一緒の参加やカップルやグループでの参加も大歓迎です。
*予約が埋まり次第、募集終了となります(告知致します)。
費用税込3,000円/人(食事/飲み物全て込み。お土産あり。小学生以下無料。当日現金にてお支払い下さいませ。)
参加方法メール(question@comfort-mart.com)にて、お名前、お電話番号、ご来店人数をお知らせ下さい。
折り返しご返信をさせて頂きます。メールの着信順となりますので、予めご了承下さいませ。
その他ご参加確定後のキャンセルは不可となりますので予めご了承下さいませ。アルコール類をお飲みになる場合はお車でのお越しは絶対にお止め下さいませ。

変わらないこと5:自分の目で確かめる自分のための1人掛ソファを手に入れる 開催日:10月6日(土)

よく行く家具店の店員から、「昔のソファの木部はほんとによかった。今のなんて、合板で簡単に作ってあるだけ」って聞いたことはないでしょうか。ほんとにそうか確かめたくありませんか?

自分で使うソファ、その中身を確認して自信を持って手に入れて見ませんか。自信を持って手に入れて頂いたソファは、きっとずっと、そしてずっと一緒に過ごすものになると思います。また、アームそして脚が木部があるソファですので、その部分をお手入れを一緒にして頂き、より愛着のあるものに変化させて頂きたいと思っています。

以下のデンマークから買い付けた50年代から60年代前半のヴィンテージ1Pソファを3台用意致しました。
同じような形ですが、それぞれちょっとつづ違いがありあす。


#4162


#4153


#4138

ワークショプ当日、張地の一部を裂き、一緒に中の木部構造を確かめてみたいと思います。その後、木部の素地調整(研磨)をして頂き、張地をお選び頂き、後日私共が張替職人へのソファを持ち込み、中のクッション材の交換、そしてご希望の生地で張替をしてもらい、お客様に完成したソファをお渡し致します。木部の研磨以外の調整(がたつき、ジョイント部分の調整など)は私供が致します。

ワークショップ参加費用

椅子本体価格(張替代込)40,000円(通常価格70,000円)
+
お好きな生地の生地代金

(例)

グレーモケット生地の場合

お支払合計:56,250円(税別)
色選択自由

クヴァドラ社タンバリンの場合

お支払合計:125,000円(税別)
色選択自由

ミナペルホネンタンバリンの場合

お支払合計:94,000円(税別)
色選択自由

デニッシュアート
ウィーヴィングの場合

お支払合計:76,750円(税別)
色選択自由

その他、多種多様な椅子生地を用意しております。
ワークショップ当日じっくりお選び下さいませ。

募集要項

実施日10月5日(土)
開始時間午後1時(駐車は第二駐車場をご案内致します)
実施場所コンフォートマート敷地内家具修理修復工房
予定終了時刻午後3時
限定数3(1グループで1つまで。参加希望が1グループでも開催致します。)
*予約が埋まり次第、募集終了となります(告知致します)。
*ご家族、カップルでご参加頂いても構いません。
費用椅子本体価格(張替代込)40,000円+お好きな生地の生地代金(当日現金にてお支払い下さいませ)
参加方法メール(question@comfort-mart.com)にて、ご希望の椅子番号、お名前、お電話番号、ご来店人数をお知らせ下さい。折り返しご返信をさせて頂きます。メールの着信順となりますので、予めご了承下さいませ。
その他ご参加確定後のキャンセルは不可となりますので予めご了承下さいませ。
ページの先頭へ戻る