アウトレットはこちら

ー北欧家具  Y チェア カリモク60 ー 家具修復修復のコンフォートマート

お問い合わせ
ログイン マイページ 新規会員登録
カート内の商品を見る メルマガ登録

ブランドカテゴリー

インテリアカテゴリー

4月の定休日

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

5月の定休日

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

※毎週水曜日・金曜日は定休日となっております。
※ご注文に関しましては定休日なしで受け付けております。

【送料無料】【正規品】【国内在庫仕様】CH22 カールハンセン&サン ハンス J ウェグナーデザイン オーク材 x オーク材

【送料無料】【正規品】【国内在庫仕様】CH22 カールハンセン&サン  ハンス J ウェグナーデザイン オーク材 x オーク材







1949年にウェグナーがカールハンセン&サンのためにデザインした最初のシリーズの1つ「CH22」。 ヴィンテージ市場で高騰を続けるモデルの1つです。このCH22が2016年に復刻されました。すべて、デンマーク国内で作られています。

ウェグナーがCH22をデザインした1940年代、ウェグナーはプライウッド(積層合板)を使った家具に対して並々ならぬ興味を示していました。それは、ウェグナーはこのプライウッドの曲げ木技術がドイツバウハウスで使われた鉄のチューブを使った曲げ技術と同等に家具業界に大きなインパクトをもたらすものだと考えていたからです。

20世紀、家具作りを大きく変えた革新的な技術が3つあります。ドイツバウハウスのもと多用された「鉄菅の曲げ」、バウハウスが使った鉄に対抗し、イギリスやフィンランドのメーカーが挑戦し成功した「プライウッド(積層合板)の曲げ」、そして最後が60年代に多用された「プラスチック成型技術」です。1940年代、ウェグナーが注目したのは2つめの「曲げ木」です。薄くスライスした複数枚のベニアを接着材で重ね合わせ、軽くて強い、そして見た目もよい材を作り出す技術は5000年以上も前にエジプト文明の時にすでに発明されています。それを家具用に流用したのは18世紀のイギリス。その積層合板に「曲げ」を加えた材を材料に家具を作るのに成功したのはイギリス、そしてフィンランド。特にフィンランドの「パミリオ・サナトリュウム」(結核保養所)をデザインしたAlvar Aaltoが作り出したモダンな「曲げ木家具」は世界から注目を浴びました。

第二次大戦後にアメリカのイームズは彼が戦時中にデザインした負傷兵士のための「添え木」を元に、新しいタイプの家具を発表し、高い評価を得ていました。

積層合板を使った家具が世界で脚光を浴びていることをデンマークにいたウェグナーは熟知していました。ですが、残念なことにデンマーク国内で曲げ木技術に関心のある工房はそれほど多くありませんでした。1つには「家具はクラフトマンシップによって無垢材から作り出されるべきである」というデンマークの古風な考え方、そして2つめには曲げ木をするための機械に対して大きな投資ができるほどデンマークの工房には財政的余裕はありませんでした。その中でもフリッツ・ハンセンはアルネ・ヤコブセンと共同で1952年に「アント・チェア」を作り出すことに成功していました。当時ウェグナーが最も多くの時間を過ごした工房「ヨハネス・ハンセン」は曲げ木の家具について全く興味を示していませんでした。ですが、ウェグナーはこの時期、何枚も曲げ木技術を使ったデザイン画を書いています。ウェグナーは彼独自の「曲げ木家具」を作りたく仕方なったのだと思います。こんな思いもあってか、ヨハネス・ハンセンはなんとかウェグナーがデザインした「曲げ木家具」を作ることしました。残念なことにヨハネス・ハンセンでは量産することのできないモデルであったため、価格が非常に高く、またデザインが斬新すぎたため、全く売れませんでした。

こんな最中にカールハンセン&サンから機械加工で量産できる家具のデザインの依頼が舞い込んできました。1949年のことです。数日間カールハンセン&サンの事務所にこもって完成したデザインは「CH22、CH23、CH24、CH25、CH26」の5デザインです。

この5デザインのうち、4デザイン(CH22、CH23、CH24、CH26)に積層合板の曲げ木技術が使われています。CH24(Yチェア)には一見曲げ木が使われていないように見えますが、Yの形をした背もたれにある部品、2枚の板を重ね合わせ、曲げ加工で作られています。この時期、ウェグナーが曲げ木に対して並々ならぬ興味があったことを知ることできます。また、曲げ木加工の材料を家具に入れることにより、無垢材の加工よりも大量にそして安価に作ることができるとウェグナーは信じていたのです。ただ、それも「曲げ加工のできる機械があってこそ」という前提条件です。それまで、曲げ加工の家具を量産したことのなかったカールハンセン&サンの工房は大変でした。また、ペーパーコードを使用したり、有機的な3次元の研削技術を必要としたりと、それまでカールハンセン&サンがしたことがなかった技術を使うことへの工員から反発は相当なものでした。ですが、カールハンセンの英断で、ウェグナーのデザインに将来の社運を託したのです。その成功があって、現在のカールハンセン&サンがあります。








積層合板を2次元に曲げた背もたれは、当時は無垢材が主流であったデンマーク市場には斬新なアイディアでした。

ウェグナーがデザインした椅子の中でもこのCH22だけは牧歌的な雰囲気が漂っています。それは、アームの形状、それとそのアームを支える支柱の形状にあると言われています。唯単に牧歌的なだけでなく、ジョイント部分は材に厚みをもたせ仕口強度を考えながらデザインしているところはさすがウェグナーです。

材の収まりの部分はどうしても葛藤が生まれます。デザイン面、そして強度面、共に妥協せずにきっちりとした収まりになっているのは他のウェグナーデザインの椅子同様、このCH22も同じです。


私たちにはあまり馴染の薄い「ペーパーコード」の座面ですが、使ってみるとその快適さは予想を遥かに超えています。適度なしなり、そして長時間座っても蒸れない紙素材はリサイクル可能で持続可能な地球環境作りにも寄与しています。張りは、カールハンセン&サン工場内の熟練職人によって1張り1張り丁寧に仕上げてられています。使用頻度にもよりますが、10年から15年程はお使い頂けると思います。張り替えが必要な場合は当店にお気軽にお声がけ下さいませ。

CH22のようなラウンジチェアは安楽椅子としてCH24のようなダイニングチェアよりも長時間座ることを想定してデザインされています。大きな違いは座面の広さです。人は長い時間同じ姿勢を保つことは不可能です。そのため、自然と何度も何度も姿勢を変えて座ります。姿勢を変えるにあたりCH24のような座面幅49cmでは狭すぎて、自由な姿勢変更ができません。この点CH22は座面幅が60cmと姿勢変更をすることが全く苦にならないサイズ感となっています。

CH24のように前脚が座面に突き出ているデザインでなく、CH22の前脚は座面下に収まっているので、姿勢移動の際に臀部の障害になるものは座面にありません。色々な姿勢でお座り頂くことができます。姿勢変更の際に背中をホールドできるだけの面積が背もたれにありますので、どの姿勢でも快適にお座り頂くことができます。






CH22はこの佇まいに良さがあります。

CH24等をお使いのダイニングの横にあるリビングで、このCH22を一脚、ポンと置くことで上質なインテリアの演出ができます。

商品詳細



国内在庫仕様

国内に在庫のある仕様です。ご注文から最短10日でお届けが可能です。通常は国内在庫をしている仕様でも、在庫切れの場合もございます。その際は最大で4ヶ月程お待ち頂く場合がございます。事前の在庫確認はお気軽にお願い致します。



現地発注仕様

国内に在庫のない仕様となります。ご注文後、お届けまで5ヶ月程頂戴致します。ご注文後のキャンセルは一切不可となりますこと予めご了承下さいませ。

ナチュラルペーパーコード

※クリックで拡大できます。
ブラックペーパーコード

※クリックで拡大できます。

【現地発注仕様ご注文ページ】



ペーパーコード張り替え

ペーパーコードの椅子を初めて購入される方はやはり気になります。使われ方にもよりますが、一般的に使われるウレタン素材よりも長持ちします。最初は撥水加工がされていますので、汚れはそれほど目立ちませんが、やはり時間が経つにつれて、汚れが目立ってくると思います。私どもはこの汚れ等を「生活の歴史」と捉えております。丁寧に家具を使うことはもちろん必要なことですが、それがために自由な日常生活が制限されるなんてあまり面白くありません。丁寧に使って頂くことは前提として、お好きな椅子は自由に使って頂きたいと思っています。

それでも、大きなそして濃い汚れが沢山ついてしまったり、長年愛用頂いて網の目が緩みすぎて座り心地に大きな支障ででてくるようになったら、張替は必要になるかと思います。

カールハンセン&サンの保守部門がちゃんと日本には準備されています。本社できっちりとトレーニングを受けた者が張り直しを致します。張り直しをする場合、かなり「ギユッ」と椅子を締め付けますので、椅子のジョイント部分が緩んでいたりすると張れません。そのため、ペーパーコードの張り直しの際には椅子の総点検をしてから取りかかります。総点検をしてNGの場所は修復されます。ペーパーコードの張り直しはいわば「お椅子のオーバーホール」とお考え下さい。費用は30,000円程です。お買い求め頂いてから張り替えまでの期間ですが、個人のご使用方法、そして個人の許容範囲が異なりますので一概に申し上げるのは難しいですが、一般的には10年から15年程かと思います。

保証

構造体(強度、構造体にかかわる破損):5年
外装、表面の仕上 (塗装及び樹脂部品の変色、退色):1年

上記保証は初期不良(お届けして1日以内に出る不良)を除きまして、基本的には商品の往復送料はお客様のご負担となります。ですが、不良箇所の詳細をお聞きかさせて頂き、初期不良に準ずる場合は私共の負担で全て保証させて頂きます。

以下の原因などにより不具合は保証対象外となりますのでお気を付け下さいませ。

  1. ご使用に伴い生じる自然消耗、汚れ、傷、等。
  2. 直射日光、冷暖房器具の熱などで生じた変形、変色。
  3. ご購入後の移動、輸送により生じた故障及び破損。
  4. 製品の目的以外のご使用、及び修理改造などにより生じた故障、破損。
  5. そのほか不適切な取り扱いおよびお客様の不注意により生じた故障、破損。
  6. 機能上、および使用上影響のない感覚的現象(音、振動等)。
  7. 地震、風水害等の天災および事故、火災により破損、不具合等。
  8. 組立式製品の場合、組立、設置おようび使用方法が正しく行われずに生じた故障、破損。


保証を受ける上での注意事項

  • 修理内容等に関しましては全てカールハンセン&サンジャパンの判断によるものとなります。場合によりましては有償修理または修理不能とさせて頂く場合もございますこと、予めご了承下さいませ。
  • 製品によっては国内に部品の在庫がなく該当部品の輸入に3〜5ヶ月ほどかかる場合があります。


お届け

【国内在庫仕様】

ご注文からお届けまで10日程となります。ご注文の際の着日指定はご注文日から10日以降で何卒よろしくお願い申し上げます。着時間帯指定のできない大きなお荷物となります。予めご了承下さいませ。国内在庫仕様の場合でもご注文のタイミングによりましては、国内在庫が欠品している場合もございます。その際には納期をお知らせさせて頂き、改めてご注文のご意向をお伺いさせて頂きますのでご安心下さいませ。

【現地発注仕様】

ご注文のお品はすべて本国デンマークへの注文となり、お手元に届くまでに4〜5ヶ月程かります。メーカーより日本到着の連絡がございましたら、お届け日時のお打ち合わせのためご連絡をさせて頂きます。ご指定日がございましたらその時にお教え下さいませ。送料無料の軒渡(玄関先渡)となります(着時間帯指定のできない大きなお荷物となります。予めご了承下さいませ)。

現地発注仕様につきましては、ご注文を頂戴した時点ご注文のキャンセルは一切不可となります。お気を付け下さいませ。

お支払い方法

代引でのお支払いができない商品となっております。お支払いは事前のお振込、或はクレジットカードでのお支払いで何卒よろしくお願い申し上げます。

クレジットカードでのお支払いをご選択頂いた場合、御注文確定後に、カード決済ページのご案内をさせて頂きます。

返品・返金

お客様都合のご返品、ご返金は承っておりません。発送させて頂くお品は全て検品させて頂いております。不自然な打痕やがたつきがあるお品ついては事前にメーカーと連絡を取りながらお客様にお届けする前に未然に防いでおります。運送途中の事故などで発生します不具合につきましては、交換にてご対応をさせて頂きますが、商品の調達にお時間を要する場合がございます。予めご了承下さいませ。

御注文前に必ずお読み下さい

  1. 本製品は天然木を使用しているため商品により一点一点の木目・質が異なります。持ち味としてご理解下さい。
  2. ご利用のモニターの設定により、色・素材の見え方などが実際の商品と多少異なる場合がございます。
  3. 本来の用途以外では使用をしないでください。
  4. 上記を理由とする返品・交換はお受けできません。
  5. 開梱・組立・設置等に関しましては承っておりません。予めご了承下さい。
  6. お使いの前には、必ず商品に付属しております、商品説明書をご一読下さい。
  7. ご注文が確定した商品については事前のお約束がない限りキャンセルをして頂く事ができません。予めご了承下さいませ。




ページの先頭へ戻る
ページの先頭へ戻る