「次の世代のために」。そんな思いで三重県で家具店/家具修理店を営んでいます。

北欧からのコンテナ到着
カリモク60店頭展示品販売

「次の世代のために」。そんな思いで三重県で家具店/家具修理店を営んでいます。

Instagram
Facebook

SOLD

SOLD

【北欧家具】Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)デザイン Karl Andersson & Soner社製 「Oresund(エーレスンド)シリーズ」キャビネット オーク材

【商品説明】
この家具のシリーズの名前は「Oresund」(エーレスンド)。デンマークとスウェーデンの間にある海峡の名前です。この海峡にあるデンマークとスウェーデンが一番近くなる地点の両国の距離はたった3キロくらい。その地のスウェーデン側に行ったことがありますが(Helsingborg「ヘルシングボリ」)、対岸には普通にデンマークの街「Helsingor」(ヘルシングエーア)が見えます。スウェーデン側のヘルシングボリに住む知人が、「いやね、知らないうちに携帯がデンマークの基地局に切り替わってて、ローミングサービスでえらい金額請求されることがあるから困っちゃう」って言ってたことが忘れられない。その地域のちょっとした笑い話です。今の人にとっては、デンマークとスウェーデンとの関係はこの程度なのかもしれない。

ただこれが14世紀ころになると話は違ってくる。今のデンマークは北欧の他の国に比べ面積が小さいのはGoogle Mapを見ればすぐにわかる。でも14世紀頃はこんなもんじゃなかった。大きな領土を持つ国だったのです(詳しくはネット検索でお願いします)。デンマーク・ノルウェー・スウェーデンが仲良くなっちゃう「カルマ同盟」っていうのを つくり、「対等でね」って言ってたのは表面上で一番支配的な立場だったのはデンマーク。それだけ大きく、そして力があったのです。「そんなの嫌だよ」とスウェーデンが言って、1500年代の始めにカルマ同盟から脱退。ちょっとした喧嘩別れな訳です。そのあとも王位継承問題や領土問題などで何度か大きな喧嘩(戦争)をしてます。また、その喧嘩で以前はデンマークの領土だった、現在「マルメ」などがあるデンマークに隣接してるスウェーデンのスコーネ地方を奪われていたりしてて、はっきり言うと、デンマークの人の中にはスウェーデンに対していい印象を持っていない人もいるのは事実です。

デンマークに行き、現地の知人と夜遅くまでお酒など嗜んでいる時にスウェーデンとの関係性について話題がでることもあります。話題になるくらいなので、歴史を気にしてんだなと思ったりします。

Oresundはスウェーデンの家具メーカー「Karl Andersson & Soner」(カール・アンダーソン & サナ)が作ってます。日本語でいうと「カールアンダーソンとその息子たち」っていう会社。Oresundという家具シリーズはデンマークのボーエ・モーエンセンがデザインしてます。デザインを提供し始めたのは1955年。スウェーデンの家具メーカーかデンマークのデザイナーにお願いして家具を作り、そしてのその名前がデンマークとスウェーデンの間にある海峡の名前「Oresund」(エーレスンド)。できすぎた名前だと思いませんか。海峡、隔てれば別の国。無関係。でも近いから仲良くもなれる。仲良くなっている同士ならあえてこんな名前つける必要ないと思うのは私だけでしょうか。この名前から察するとあの当時スウェーデンの家具メーカーがデンマークで有名になっていたデザイナーにお願いして何かを作ってもらうなんて、あまりなかったんじゃないかと思う。だから、あえてデンマークと関係がありますよと匂わせるために、国境の境にある海峡を名前にした。でも例えばデンマークにある土地の名前なんかを家具の名前にしたりしたら、「それはあちらにちょっと入りすぎだよね」って思われスウェーデン国内ではネガティブな印象になる可能性があったんじゃないかと思う。しかし、出来すぎたいい匙加減の名前「Oresund」(エーレスンド)だと思います。

ちょっと政治的な香りがする家具のシリーズ名、でもこの家具のスタイルはそこんとことは縁遠い、モーエンセンデザインらしい使い勝手を徹底的に追求した家具なのです。

この「Oresund」(エーレスンド)の少し古いカタログを広げてみると、このシリーズはシステム家具で色々なサイズのものや機能が付いたものを組み合わせ、好みのスタイルに作り上げるものらしいことが分かります。この家具にある台座は床ズリのタイプですが、すらっとした脚タイプのものもあったりします。様々なサイズのものがあり、今の時代のインテリア事情にはぴったりだと思います。でも、何年か前にこのシリーズは廃盤となってます。小さな工房なので、「あれ作ってくれませんか?」ってお願いすると作ってくれるかもしれませんが(モーエンセンとの権利契約のためダメかもしれませんが)、今のカタログには掲載されていません。

北欧家具好きなら誰でも知っている名前「コーア・クリント」。現在私たちが「北欧家具」と呼んでいるインテリアの体系的な基礎を作り上げ、そしてその体系的なことを学校(「コペンハーゲン王立美術アカデミー」)で教え、その教え子の中にウェグナー、モーエンセン、ケアホルムなど、後々超有名になるデザイナーのキャリア形成にものすごく大きな影響を及ぼした人であること、大体皆さんご存知だと思います。その中いて、モーエンセンはクリントの影響をもろに受けてるっていうこと、モーエンセン自らの回顧録に何度も書いてます。彼はクリントが好きだった。これは間違いないと思います。

「Oresund」(エーレスンド)シリーズの家具はその通り、クリントの影響を受けたモーエンセンがその知識を遺憾なく発揮しが痕跡が垣間見れます。その最たるものはやっぱりシステム家具であるということ。棚の深さ、奥行き、高さなど、彼が持つ深い知識から導き出され、でもそれが単体で完成するのではなく、優秀な単体と他の優秀な単体を使う人のニーズに合わせ合体させることでさらに優秀になる。「家具は機能でしょ」ってうすら笑いしてるモーエンセンの顔が目に浮かびます。でも、機能だけじゃない。機能が美しさになるところが、モーエンセンマジックなんです。

彼のデザイン、なんとなく「太い直線」ってイメージ。でも、強くならない。太い直線になんとなく「優しさ」がある。

今回のこのキャビネット、使用用途は普通の収納に違いない。本、書類、食器でもいい。すべてのスペースをもので埋め尽くしたとしても、その「優しさ」溢れてくる感じがするのです。多くのものをがっちりキャッチしくれる安心感、でもスペース全部を何かで詰めたとしても現れる「柔らかい主張」。最高です。

使われている金属類もいい。真鍮のいいものです。お手入れしてピカピカにしておきました。

いけてるオフィスで使ってもいいし、今ならお気に入りのお部屋での在宅ワーク、溜まった重要書類や書籍を収納したりするのもいいかもしれません。

「Karl Andersson & Soner」(カール・アンダーソン & サナ)は現存するスウェーデンの家具メーカー。海外で作らず、変わらず国内で木工を続けています。環境問題にも色々取り組んでいるみたいです。ただ、この会社のこと調べてて一番気になったのは、この家具メーカーを創業した創業者の子供の数。11人だそうです。そして、それにプラスして養子を1人受け入れてる。12人の子供。「お父さん、いつ仕事する時間あったの?」って今なら思っちゃうほどの子沢山家族。今の社長は4代目。孫の子供。ちなみに11人の子供、6人が男の子、5人が女の子。予想ですが、養子に取ったのは女の子だったような気がするのは私だけしょうか。「同じ数でいいじゃん、ハッピーじゃん」って言ってそう。関係ないですが、私の父方の兄妹は10人です。負けました。

いつもの通り丁寧にお仕事をさせて頂いております。フルサンディングで素地はスベスベにさせて頂いております。仕上げは私達が古いオーク材の美しさを表すにはこれだと思う「ワックス仕上」とさせて頂いております。オイル仕上よりもライトな色合いの仕上がりとなり、古いオーク材の木理の美しさを自然な形で表現してくれます。上下とも棚は可動棚です。上段の棚をおさえるタボが見えませんが、棚の中に仕込まれている「スライダー」がその代わりとなります。移動は簡単です。棚をゆっくり引き出し、仕込まれているスライダーを抜き、別の穴に抜いたスライダーを差し込み、外した棚をゆっくりと戻すだけです。気を付けて頂きたいのは下段の扉の収まりです。設置場所の床の段差によって(軽微な段差も含め)、収まりが悪くなる場合があります。設置場所で収まりが悪くなった場合はうまい具合に小さく切ったフェルトや厚紙を台座の下の見えないところに滑りこませ、扉の収まり具合を調整して頂く必要がございます。ご留意の程何卒よろしくお願い致します。

上下段の連結金具が付いています。裏側で簡単な金属ステーと木ネジを使い上下段を固定させるタイプのものです。お届けがお近くで私たちが配達する場合ですと私たちがその連結金具を取り付けますが、遠方で業者さんにお願いする場合には取説を作り、ドライバーに申し送りを致します。ただ、配達ドライバーは木工のプロではないので、取り付けで不安が残ります。大変恐縮でございますが、取り付け金具を取り付けた画像をお客様にお送り致しますので、そのような取り付けがされているかどうか、ドライバーのお仕事を見守って頂く様何卒お願い致します。

  • 商品詳細
  • 購入前にご確認下さい(重要事項)
                           
サイズW1345 x D575 x H1862 mm
デザイナーボーエ・モーエンセン
買い付け場所デンマーク
オーク材
製造会社Karl Andersson & Soner(カール・アンダーセン & サンズ)
オリジナル/現行オリジナル
仕上げワックス仕上
修復フルサンディングを含む完全修復済

送料

送料無料の宅急便で送れるサイズを超えておりますので、別途送料を頂戴してクロネコヤマトらくらく家財便(搬入設置込)にてお届けをさせて頂きます。送料は例えば東京までですと、17,550円となります(カートにお進み頂きますと送料は自動計算されます)。ご注文からお届けまで10日程頂戴致します。ご指定日がございます場合はご注文日から10日以降のお日にちをご入力下さいませ(10日以内のご指定日の場合、ご希望通りにお届けができない場合がございます)。また、お届けの地域によりましてはお届け時間帯の指定ができない場合がございます。予めご了承くださいませ。

最短のお届けをご希望の場合はお届け日指定の欄は空欄のままでお願い致します。ご注文後、最短のお届け日をご案内させて頂きます。

在庫切れ

店頭でも販売をしております。ご注文のタイミングによりましては、在庫切れの場合がございます。予めご了承下さいませ。

実際の商品との差異

このお品はヴィンテージ品となりますので、修理修復後であっても当時の新品にはないような経年使用による小傷、色あせなどが必ずございます。この点御注文を頂く前に必ずご理解下さいませ。また、お客様のコンピューター環境によっては、色が違って見えることもございます。十分に考慮した上でご検討下さいませ。

キャンセル不可

お客様都合のご注文のキャンセルは不可となっております。商品はご希望によりご注文から6ヶ月の間は当店で無償で保管をさせて頂きます。長期保管の場合は、ご注文の際にお聞かせ下さいませ。

商品確認

商品が到着してすぐに商品の確認をお願いします。商品到着後日のご連絡の場合、ご対応をお断りする場合がございますこと予めご了承下さいませ。

不良や不具合

商品は発送前に全て1点1点、丁寧に検品しております。到着してすぐの不良や不具合がございます場合、運送上のトラブルが原因の場合が多々ございます。その場合、運送保険でのご対応で運送会社からの指示を仰ぎながら、迅速にご対応をさせて頂きます。

北欧からのコンテナ到着
カリモク60店頭展示品販売

9月の定休日

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

10月の定休日

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 29 28 29 30
31            

※毎週水曜日・金曜日は定休日となっております。
※ご注文に関しましては定休日なしで受け付けております。

  • 持込家具の修理/修復/張替
  • 北欧ヴィテージ家具
  • CARL HANSEN & SON
  • カリモク60
  • 宮崎椅子製作所
  • artek
  • SIBAST Furniture
  • PP MØBLER
  • Fredericia
  • MARUNI COLLECTION
  • HermanMiller
  • その他家具ブランド
  • オリジナルシートパット CH24(Yチェア)用
  • オリジナルシートパット Artek用
  • オリジナルシートパット シェルチェア用
  • インテリア雑貨
  • DANISH ART WEAVING
  • ケアロップヴァヴェリ
北欧からのコンテナ到着
カリモク60店頭展示品販売
お支払い方法

三重県桑名市大字播磨字宮東299-1
*名古屋から東名阪国道「桑名東インター」出口5分

コンフォートマートは次の世代へも「ほんもの」として伝わるブランド、カールハンセン&サン、PPモブラー、カリモク60、宮崎椅子製作所、ハーマンミラー、
北欧家具そしてシバストファニチャーを販売しています。店頭でお買い上げ頂いたお品は三重県全域、名古屋市等、私達の手でお運びしています。

Copyright 2004 - 2018 Comfort Mart All Right Reserved.

ページの先頭へ戻る