「次の世代のために」。そんな思いで三重県で家具店/家具修理店を営んでいます。

CH24 70周年記念「CH24 SOFT」」期間限定発売(11月1日まで)
2月29日に北欧からのコンテナが届きました。
「ヒューデニム」との特別なCH29

「次の世代のために」。そんな思いで三重県で家具店/家具修理店を営んでいます。

Instagram
Facebook

【北欧家具】【送料無料】カイ・クリスチャンセンデザイン No.42チーク材(張替済)

【北欧家具】【送料無料】カイ・クリスチャンセンデザイン No.42チーク材(張替済)
【商品説明】
「No.42」。宮崎椅子が作るNo.42を紹介するページをご覧頂くと、そこには「ヴィンテージ品を買う前に、是非新品のご検討を!」とのページへのリンクがあります。是非、ご覧下さい。古いもの、そして新しいもの、椅子が工業製品である以上、品質的には絶対に新品の方がいいに決まっているし、そうでなければ工業製品と呼んではいけません。この気持ちはどんなにいいヴィンテージ品を見ても、変わらない。それはやっぱり、普遍的な考え方だから。そして、実際にそうです。そ・れ・で・も、ヴィンテージ品に惹かれる。ヴィンテージ品ってそういうものです。「それでも、いいのよ〜」なんですね。宮崎椅子の作るNo.42の紹介ページの内容を仕上げたのは私自身です。そんな私でも、やっぱりNo.42のヴィンテージ品に惹かれる。古いチーク材が醸し出す雰囲気。そして、「いたわってあげないと壊れちゃう」。それをあえて使い、「ヴィンテージ品と共に暮らす俺」にちょっと酔ってみたい。後者の理由はほんの少しで、やっぱり古いチーク材が醸し出す雰囲気って、宮崎椅子が作る新品のどの材にもない雰囲気です。また、多分、今新しいチーク材でNo.42を作ったとして、それが何十年経ったとしても、あの頃使っていたチーク材の経年変化と同じようにはならない、そんな気がします。

背もたれの稼働部分はきっちり整備をして、「本来の強度」になっています。それでも、本来の設計に少し無理があるので、強く使うと壊れてしまう可能性は否定できません。是非、ご理解頂いた上でご使用を何卒よろしくお願い致します。

チーク材は東洋の材。つまり、このアジアで採れるものものです。それが海、そして山を越えヨーロッパで使われたことには訳があります。デンマークで自生するのは、オーク材やアッシュ材など、比較的白色系の木。そんな地元の材でなく、わざわざ輸入をした少し「高級」な材を使ったのには訳があり、その訳の本質は「家具は工業製品である」という製品の性からのものだと思います。工業製品、売れないとその意味がない。工業製品は買われ、使われ、そして廃棄され、経済が回されまた次の生産ができるものです。ヴィンテージ品を販売している私たちが「廃棄され」なんて言葉を使うとちょっと的外れな気がするかもしれませんが、メンテナンスしながら家具は長年使えますが、それが 「200年先はどうか?」と尋ねられれば、やっぱり「廃棄」になるんです。「廃棄になるまでの期間が『その他』のものと比べ長い」と私たちが信じる家具をご紹介したいと思っていますが、それでもやっぱり行く末の廃棄は変えられない。廃棄までの期間が長いと、そのものの生涯価値が高くなる可能性が非常に高い。新品時点の「点」での価値という意味ではなく、私たちのようなヴィンテージ業者が「もう一度販売」したりする行為を含んだ、その家具が生産されてから廃棄されるまでの生涯価値、言ってみれば「線」での価値。例えば、新品価格が10万円だとすると、もう一度、ユーズド品として8万円で販売できたとします。この家具の生涯価値は18万円の価値となります。将来残価が残る同じ工業製品である車と同じと思えばもっと考え方は楽かもしれません。10万円で買った椅子、20年後に8万円で中古販売できるとすれば、20年単位で考えると支出は2万円です。でも、20年の間には想定できない様々な不確実性(例えば、びっくりする程のインフレとか、今回のようなすごいウイルスの蔓延とか)があるので、単純に「2万円ですから!」とは絶対に言えませんし、絶対に言ってはいけないのです。ともかく、生涯価値があるから、いいヴィンテージ品は生涯価値で価格が決まるアート(芸術品)とタブって論じられたりします。でも、アートは基本使わない。だから、廃棄は多分ない。商品寿命があるのかないのか、それがアートと家具との違いです。でももし家具をアートととして扱いたいのなら、使ったらダメ。工業製品としての使命を一旦終えないといけません。使うと廃棄処分が必ず待っているから。工業製品である家具は売れないといけない。売れると思わないと、その家具の誕生はありません。家具はアートとは別次元の工業製品だから、メーカーは売れるものを作らないといけない。絶対条件です。これがチーク材が使われた理由です。つまり、チーク材で作った家具、当時よく売れたんです。こういった理由でチーク材がよく使われたというので間違い無いと思います。50年代、60年代、チーク材の家具の方がオーク材やアッシュ材の家具よりもよく売れた。チーク材の家具の方がよく売れた理由、よく言われているのが「ちょっとした背伸び」です。デンマーク、おうちの周りにある木はオーク材やアッシュ材。使っていた家具も当然、そのような材を使って作られていたに違いない。そこで登場したのが「東洋のエキゾチックな褐色の材」。実に神秘的。そして、輸入してもアジアとの経済格差で、それほど高い材ではなかった。それまで周りにあるからと仕方なく使っていた白い材、でも、チーク材のような東洋の新しく神秘的な材がお安く手に入る時代になった。戦後、経済も上向になり、お給料も上がって行った。そして、美しい木理。デンマークの国民は飛びついたのです。東洋の輸入材を使っているちょっとしたステータスもあったのだと思います。ミネラル分(石灰分)が多いチーク材を削るためのいい刃物がスウェーデンで開発された時期も重なり、デンマークのメーカーはチーク材で家具を作りました。

こんな歴史があり当時大量に使われたチーク材、今では1立米100万円以上もする高級材です。そう易々とは使えない材になってしまっています。

なんだか、「よく売れるから使われた」と言われると、天邪鬼の私は「だったら、沢山残ってるんだ」とちょっと興醒め。でも、事実は違う。特に、このNo.42は。このNo.42、背もたれ部分の設計にちょっと「痛い部分」があるので、軒並み壊れちゃってて、作られたほどんとはすでに焼却場に行ってしまているはずです。そしてその焼却場の場所はアメリカです。当時、デンマーク家具メーカーの主戦場はアメリカです。今でもその環境はあまり変わっていませんが、当時はもっと熾烈だった。このNo.42もアメリカに輸出されるためのものです。どんどん、アメリカに輸出されました。でも、壊れちゃった、そのほとんどが。残念ですがその通りです。今は「そっと使っていた」デンマークの家庭からのヴィンテージ品ばかりですが、当時の数、圧倒的にアメリカに輸出された方が多かった。「そっと使っていたデンマークの家庭」もそう多くはないはずです。どんどん、No.42のチーク材は減って行きます。こう聞くと、天邪鬼の私でも「だったら・・・」となってきます。

さて、今回このチーク材のNo.42に使用したのはデンマークにあるケアロップヴァヴェリ社の「ALS」(「アルス」)という生地。ケアロップヴァヴェリ社は現在、デンマークに唯一残る現地生産の織り会社。他に一社として椅子織りをしている会社はデンマークにはもう残っていません。よく聞くデンマークのKvadratは当初から自社工場は持っていません。もう一社、Danish Art Weavingは5年前にデンマーク現地生産を織り職人のリタイアに合わせ諦めてしまっています。

縦色がコットン、そして横色がウールの天然繊維から作られている織物。1M、27,300円もする高級の部類に入る椅子生地。マーチンデール(耐摩耗テスト)は65,000と十分以上の数値。以前に違う椅子用にと使ったあまり生地を使ったので、今回の商品価格にはこの椅子生地価格は入れていません。デザインはデンマークの生きる手織りの神様、Hana Vedel(ハナヴェデル)。もう90歳にもなるおばあちゃんです。

背面/座面の中のウレタン、そして座面のクッション材として使っているウィービングベルトは新品へと交換済み。座面はヴィンテージの外れる仕様。

木部の分解、研磨、再接着はいつもの作業、この椅子も例外ではありません。アーム横にある木栓は背もたれを外す時に古いものは壊してしまっています。背もたれを取り付けたあと、新しくチーク材で作ったものを使いましたが、色の差があります。ご確認下さい。向かって右側のアームの後端に小さな材のカケがありましたので、チーク材で継ぎました。目立たないとは思いますが、画像でご確認下さいませ。

  • 商品詳細
  • 購入前にご確認下さい(重要事項)
                           
サイズW535 x D570 x H745 x SH460mm
デザイナーKai Kristiansen(カイ・クリスチャンセン)
買い付け場所デンマーク
製造会社Schou Andersen
オリジナル/現行オリジナル
張地「ALS」(「アルス」)(ケアロップ・ヴァヴェリ社製)
張替生地、クッション材共に張替済

送料

お値段が30,000円以上で宅急便でお届けできるサイズですので、送料は無料サービスとなります。お届けは大お荷物専用のクロネコヤマト 「ヤマト便」。日時指定のできない便となります。ご希望の着日時指定は伝票に記載をさせて頂きますが、ご希望通りに届かない場合がございますこと、予めご了承下さいませ。

在庫切れ

ご注文のタイミングによりましては、在庫切れの場合がございます。予めご了承下さいませ。

実際の商品との差異

このお品はヴィンテージ品となりますので、修理修復後であっても当時の新品にはないような経年使用による小傷、色あせなどが必ずございます。この点御注文を頂く前に必ずご理解下さいませ。また、お客様のコンピューター環境によっては、色が違って見えることもございます。十分に考慮した上でご検討下さいませ。

キャンセル不可

お客様都合のご注文のキャンセルは不可となっております。商品はご希望によりご注文から6ヶ月の間は当店で無償で保管をさせて頂きます。長期保管の場合は、ご注文の際にお聞かせ下さいませ。

商品確認

商品が到着してすぐに商品の確認をお願いします。商品到着後日のご連絡の場合、ご対応をお断りする場合がございますこと予めご了承下さいませ。

不良や不具合

商品は発送前に全て1点1点、丁寧に検品しております。到着してすぐの不良や不具合がございます場合、運送上のトラブルが原因の場合が多々ございます。その場合、運送保険でのご対応で運送会社からの指示を仰ぎながら、迅速にご対応をさせて頂きます。

CH24 70周年記念「CH24 SOFT」」期間限定発売(11月1日まで)
2月29日に北欧からのコンテナが届きました。
「ヒューデニム」との特別なCH29

7月の定休日

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

8月の定休日

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
19 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

※毎週水曜日・金曜日は定休日となっております。
※ご注文に関しましては定休日なしで受け付けております。

  • 持込家具の修理/修復/張替
  • 北欧ヴィテージ家具
  • CARL HANSEN & SON
  • カリモク60
  • 宮崎椅子製作所
  • artek
  • SIBAST Furniture
  • PP MØBLER
  • Fredericia
  • MARUNI COLLECTION
  • HermanMiller
  • その他家具ブランド
  • オリジナルシートパット CH24(Yチェア)用
  • オリジナルシートパット Artek用
  • オリジナルシートパット シェルチェア用
  • インテリア雑貨
  • DANISH ART WEAVING
  • ケアロップヴァヴェリ
CH24 70周年記念「CH24 SOFT」」期間限定発売(11月1日まで)
2月29日に北欧からのコンテナが届きました。
「ヒューデニム」との特別なCH29
お支払い方法

三重県桑名市大字播磨字宮東299-1
*名古屋から東名阪国道「桑名東インター」出口5分

コンフォートマートは次の世代へも「ほんもの」として伝わるブランド、カールハンセン&サン、PPモブラー、カリモク60、宮崎椅子製作所、ハーマンミラー、
北欧家具そしてシバストファニチャーを販売しています。店頭でお買い上げ頂いたお品は三重県全域、名古屋市等、私達の手でお運びしています。

Copyright 2004 - 2018 Comfort Mart All Right Reserved.

ページの先頭へ戻る